反社会的勢力排除の基本方針POLICY for ANTI-SOCIAL FORCES

反社会的勢力による被害の防止基本宣言

当社は,暴力,威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人,(いわゆる反社会的勢力)による被害を防止するために,次の基本方針を宣言します。

  1. 当社は,反社会的勢力との関係を一切持ちません。
  2. 当社は,反社会的勢力による被害を防止するために,警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し,組織的かつ適正に対応します。
  3. 当社は,反社会的勢力による不当要求には一切応じず,毅然として法的対応を行います。
  4. 当社は,反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。
  5. 当社は,反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。

基本心得

違法不法な行為に対しては,法令遵守の徹底と十分な説明責任を果たすとともに,毅然として厳正な態度で臨んでいます。

  1. 毅然とした対応
    • 違法又は不当な行為の要求に対しては,対応方針を明確にし,所属長はじめ職員全員は一貫性のある毅然とした対応に努めています。
  2. 体制の確立
    • 想定される事案に迅速、的確に対応できる組織的な体制を確立しています。また,反社会的勢力対策責任者が中心となってバックアップできる体制を確立しています。
  3. 情報の共有化
    • 事案概要の早期把握に努め,事案内容いかんによっては,関係担当者,関係所属等に対して,速やかに具体的な状況と対応方針について報告,連絡を行い,情報の共有化を図っています。
  4. 緊密な連携
    • 日ごろの事務処理を通じて所属における事案の把握に努めるとともに,内部管理担当者及び警察をはじめとする関係機関,関係所属への早めの連絡,相談を行うなど緊密な連携に努めています。また,緊急の場合は110番する等,直接警察へ通報することとしています。
  5. 研修の実施
    • 事案に対する迅速,的確な対応が実践できるよう,積極的に所属内での研修を行い,職員全員の理解を深めています。

ナビゲーションCOMPANY&ACCE